渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

渋谷発クラフトビール「シブヤビール」ってご存知ですか?

実りの秋を迎え、全国各地でオクトーバーフェスなど、「ビール」をテーマとしたフードフェスが盛況だ。特に最近では大手ビールメーカーのビールのほか、小規模なビール醸造所でつくられた「クラフトビール(手作りの地ビール)」の人気も高まっており、フードフェスなどで出会う機会も増えている。ビール職人が丹精込めて作るクラフトビールは、いわゆる万人受けを狙うメジャーなビールと異なり、強烈な苦みのあるものや、フルーティーなものなど、その味わいは一つ一つ個性的なものが多い。さらに小規模な生産体制から、その土地やお店に行かなければ、なかなか飲むことが出来ないという希少性が不可価値となり、クラフトビールが地域活性化の一役を担う存在となっているケースも少なくない。

実はここ渋谷でも、今年の春から「シブヤビール」と名付けられたクラフトビールが誕生し、徐々に人気が広がっている。ご存知だろうか?

「シブヤの日(4・2・8)」にちなみ、今春4月28日に発売を開始したのが、渋谷発クラフトビール「シブヤビールENERGY 〜MACA〜 (シブヤビールエナジー 〜マカ〜)」(300ml、460円)。企画・プロデュースしたのは「宇田川カフェ」「桜丘カフェ」などの渋谷のカフェ店舗を運営するLD&K(エル・ディー・アンド・ケイ)、製造したのは地ビール製造の老舗であるサンクトガーレン。
この渋谷発クラフトビールの大きな特徴は、栄養ドリンクの成分として知られる“マカ”が含まれていること。LD&K担当者によれば、「ここ数年、ひと昔の渋谷のような元気が失われていることから、『渋谷にもっと元気に!』をコンセプトに、必須アミノ酸を豊富に含み、滋養強壮にも効果がある“マカ”を入れたエナジービールを企画した」という。さらにビールにフロリダ産ピンクグレープフルーツの生果実を合わせ、ビールの苦みが苦手な人にも飲みやすくしている。グラスに注いだときに広がるジューシー香りや、後味に残るグレープフルーツの爽やかな苦みは、まるでサワーやカクテルに近いビールといえるだろう。

現在、宇田川カフェ系列の「宇田川カフェ」「桜丘カフェ」「Café Bohemia」「FLAMINGO」など8店舗のほか、東急百貨店本店のお酒売場など渋谷を中心とした200店舗以上の店舗で取り扱う。今春から8月末までの出荷本数は15,000本を突破し、早くも渋谷発の地ビールとして浸透し始めているという。

さて、シブヤビールの人気が徐々に広がる中、ビールを楽しむイベント「第1回渋谷オクトーバーフェスト」が今週9月18日(金)より、宇田川町や松濤、神山町周辺の「裏渋谷」「奥渋谷」を中心に始まるという。東急百貨店本店や神山商店会、松濤Bunkamuraストリート商店会など、30店舗以上の飲食店が参加し、「おすすめビール」や「ビ−ルに合うつまみ」などが数多く提供される。またイベント期間に合わせ、各参加店舗または東急百貨店インフォメーションでは「渋谷オクトーバーフェストMAP」が配布され、同マップを見ながら各飲食店巡りが楽しめるという趣向だ。

お酒やごはんが美味しい飲食店が集積する同エリアで、シブヤビールの初体験とともに秋の味覚を思う存分満喫してみてはいかがだろうか。

<商品概要>
シブヤビールENERGY 〜MACA〜 (シブヤビールエナジー 〜マカ〜)
(330ml/アルコール5%/価格460円税抜)
〇飲めるお店  
http://www.udagawacafe.com/shibuyabeer/list/
〇購入できるお店
(9/18以降)東急百貨店本店、東急百貨店東横店、東急百貨店たまプラーザ店

<イベント>
渋谷オクトーバーフェスト2015
〇開催:2015年9月18日(金)〜10月4日(日)
〇場所:裏渋谷・奥渋谷の各店舗
〇参加:申込不要。各参加店舗・東急百貨店インフォメーションでMAP配布
〇F B:https://www.facebook.com/events/1467539296881338/

編集部・フジイ

渋谷の記録係。渋谷のカルチャー情報のほか、旬のニュースや話題、日々感じる事を書き綴っていきます。

オススメ記事